FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる12年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

働き方改革 高度プロフェッショナル制度

 昨日、働き方改革関連八法案が衆議院で可決されました。今国会で承認される見込みとなってきました。私は、この法案が出始めた昨年のはじめに関連の原稿執筆の依頼を受けていたため、この法案には注目していました。
もともと、八法まとめてというやり方には感心しないなと思っていました。「抱きあわせ販売」みたいにいいものと悪いものをまぜこぜにして売るやり方のようなイメージがあったからです。労働基準法の改正では、今まで、事実上天井知らずだった臨時に特別の事情があるときの労働時間の上限が決められたのは一歩前進ですが、その時間が過労死ラインすれすれの時間にもってきたのは、ちょっとおかしいと思いました。それらを法制化して罰則も設けたとして政府は長時間労働の抑制になるとしています。
でも、その対極にあるような労働時間の規制からすべてはずす高度プロフェッショナル制度の創設をとうとう実現しそうなところまできました。思えば、多くの批判を受けてひっこめた「ホワイトカラーイグゼンプション制度」のときから、労働時間制度の規制の適用除外者を増やすことは、この政権と政権に近い経済界の人たちの強い願いなのでしょう。

続きを読む

PageTop