FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる13年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

配偶者手当は消えていく?

選択的 夫婦別姓制度も女性天皇も認めようとしない現政府ですが、女性にはどんどん働いてほしいようです。
少子高齢化で働き手が減るのですから、女性にも男性同等に働いて税金や社会保険料をたくさん納めてほしいということなのでしょう。
必要があって、家族手当制度、特に配偶者に対する手当について調べていたところ、私め、恥ずかしながら不明にも、政府がこの件について検討会を開き、報告書まで出していたことを今頃知りました。
平成27年12月に「女性の活躍促進に向けた配偶者手当の在り方に関する検討会」を立ち上げ、28年4月には報告書を出し、現在特設サイトまで設けています(
参照)。
サイト内の資料等によりますと、パートタイマーの女性が、夫の被扶養配偶者でいるためには収入要件がありますから、就労時間を調製して収入を抑えるということが行われていますが、各企業が独自に設定して従業員に支払っている「配偶者手当」も、その要因の一つとなっているという指摘をしています。

続きを読む

PageTop

「こども六法」 いいかも

 私は、新聞の下にある本の広告をいつも見るとはなしに見ます。
昨日も、「こども六法」という本の広告が目に入り、紙面1ページの下3分の1ぐらい(思えば広告欄がデカい)いっぱいに記載されている内容を隅から隅まで読みました。
コピーとしては「法律は自分を守るチカラになる。いじめ・虐待をなくすために」とあります。
内容の例として、「気軽に「死ね」っていってない? これは刑法第202条 自殺関与及び同意殺人」
「子どもは生きるための世話をしてもらう権利がある 刑法第218条 保護責任者遺棄等」が、親しみやすいイラストとともに描かれています。
著者は、子どもの頃いじめの被害に遭った教育研究者の方とありました。

続きを読む

PageTop

AI時代の仕事

 今朝の新聞の労働問題を扱うページの片隅に投書がありました。
育児休業後に時短勤務をしている40代女性のお嘆きです。短時間勤務になってから簡単な業務や優先順位の低い業務しかやらせてもらえず、上司は経験が浅く自分より仕事ができないフルタイムの同僚を重用する、また、上司の機嫌をとるのがうまい男性社員が出世するのをみて、評価を仕事の成果ではなく時間で行う会社に嫌気がさしているとのことです。
こういう不満を持っている人は多いんでしょうか。
自分の能力に自信があるようですから、思い切って自分に合った会社を探して転職した方が毎日楽しく働けるかもしれません。
人事評価というのは昔から難しく、成果といってもチームで行っているような場合もあり、上司にうまく取り入る人が出世するというのはよく聞く話です。
時短勤務になった人をそれまでのキャリアを無視して単純な業務に回すというのも聞く話ではありますが、人事としてはあまりいいアイディアとは思えません。
投書者のようにモチベーションが下がり、人材の流出にもつながるおそれがあるからです。
しかし、今やAIの時代。そのような簡単な仕事は今後どんどんAIにやらせるようになるのかもしれません。

続きを読む

PageTop

社労士としての道のりを考える

台風が激甚災害に指定されたり、ラグビーワールドカップに一喜一憂したり、即位礼正殿の儀に平安絵巻を連想したりしているうちに日々が過ぎて、当地は昨日の肌寒い 雨模様から一転して今日は秋晴れで、青空が美しいです。
こんな日はウキウキとどっかに出かけたくなりますが、仕事をしないと・・・。
過去を振り返る間もなく仕事をしてきましたが、最近、就業規則の見直しの仕事を立て続けにお引き受けしているせいか、社労士になりたての頃と法律も結構変わったなーと思うことが多くなりました。
多分、次の10年の間に随分変わっているか、変わらずにこの国が沈んでいるかもしれないと思います。
それはそれとして、開業してから14年目に入りましたが、最初の頃の自分は、いろいろとわかってなかったなーと思いだしても冷や汗が出るようなこともありました。
その都度、自分で調べたり勉強したり、社労士の先輩や仲間の社労士に教えてもらったりして乗り越えてきました。
最近は、随分知識も身についてきて、手続きの細かいことなどはからきしダメですが、労働法関連のことや就業規則などについては、お客様の質問にも自信をもってお答えできることが増えました。
と言ってもすべてがわかるわけではないです。毎日、新しいことの発見の連続です。楽しいしうれしいし、ちょっぴり「ひょえーっ」となるときもあります。
そんなこんなで、いつの間にか長い道のりを歩いてきたなーと思うこの頃、これからどこまで続くのか、どこへ行くのか、自分でもわからなくなってきたのが正直な気持ちです。
毎日、元気で仕事をやれる幸せをかみしめてこれからも頑張ろうと思います。

PageTop

本当の働き方改革とは?

今朝の朝日新聞の投書欄に地方自治体の臨時職員をされいてる方の投書がありました。
女性の方ですが、 下の子が小学校入学の頃から9年間、1日5時間、月20日だから働き続けることができた。しかし、新年度から臨時職員制度がなくなるため雇止め(雇用契約の更新をしないこと)となることになった。働き方改革の関連らしいが、正規職員と同じような働き方をしている人にとっては救済措置となるのだろうが、自分のように短時間で補助的業務をして、その働き方でよいと思っていた者にとっては職を失うことになり残念だという内容でした。
働き方改革関連法では、長時間労働の是正などとともに非正規雇用者の待遇改善が目的の一つとして掲げられています。
「同一労働同一賃金」の導入も、使用者としては頭の痛い問題だと思います。
その自治体は、それらに抵触しそうな臨時職員制度をやめる決断をしたのでしょうか。投書だけではよくわかりません。
投書者は、短時間の補助的業務でもそれを選択して働く機会を奪わないでほしいとも書いています。

続きを読む

PageTop

歳月は流れゆく

 当地はこのところ良い天気が続いていて青空がまぶしいです。昼間は暑いのですが、朝晩は秋めいて涼しくなりました。
ラグビーワールドカップの熱戦をテレビで見たり、ネットや新聞の関連ニュースを後追いで眺めたり、そんなことも楽しいと思いつつ、昼間は仕事に追われる日日です。
ブログでは書けないあんなこと、こんなことについてご相談をお受けしてお答えしたり、ご依頼いただいた就業規則の改正について考えたり、判例を調べたり、ある手続きのために役所に出向いたり、そんなこんなで9月が終わりました。
9月といえば、私が開業登録したのが2006年9月で、なんともう13年もたってしまいました。開業して1年目は毎日更新していた当ブログの更新も滞りがちとなり困ったもんだと反省しております。
子育て終了後の第二の人生を社会と関わって仕事をしたいと思い歩き始めた社労士の道ですので、何よりも自分の個性を生かして「私だからこそできる仕事」、「私にしかできない仕事」をしようとの思いを大切に歩いてきました。
細々ながらなんとか実現できているかなと感じられる今日この頃、お世話になった先輩や社労士仲間には本当に感謝しています。
そして、様々な仕事のご依頼をいただくお客様との素晴らしい出逢い。
たとえ、一度きりの出逢いであっても、大切に誠実に自分の職務を全うしたいと思っています。
少し前ですが、先月、所属する社労士会の新入会員歓迎会があり、自分も新人社労士のころがあったなとしみじみと思ったのでした。

PageTop

小冊子を執筆させていただきました。

小冊子2019-09 所属する社労士会の研究会を通じてご縁のある株式会社税経の編集長からご依頼いただき、「働きやすい職場環境を整える 労務管理のポイント」という小冊子を執筆させていただきました。A5版で59へ―ジの小冊子です。
 今年度の始めにお話があったときには、あまりにも大きなテーマだし、どんなことを書くかすぐには思い浮かばなかったのですが、「是非、先生に書いていただきたいんです。」とおっしゃっていただき、覚悟を決めてお受けすることにしました。
 正式のご依頼をいただいたのが5月の半ば頃で、締切り予定日を最初は7月末ぐらいの予定でしたが、間に様々な仕事を抱えてしまい、とても無理だと思い8月のお盆明けまで伸ばしていただき、どうにか間に合わせることができました。

続きを読む

PageTop

就職氷河期世代の救済と言ってるが

 昨日、お客様からメールでいくつかの案件についてお問合せがあり、そのうちの一つに「就職氷河期100万人への助成金」というのをニュースで見たが、弊社で利用できるものはありますか?とニュースの元の有名新聞のネットの記事がリンクしてありました。
関与先で中途採用は時々あるので、私もこのニュースはもちろん知っているのですが、以前、確認したときにあまり使えないかなという印象を持ったということだけ覚えていました。
あらためて、厚労省の該当サイトを確認してみましたが、35歳以上60歳未満の人が対象で、えっ?バブル期世代も入っちゃうの? まあ、それは、中高年のひきこもり問題などがあるのでそういうことも加味してるのかなと思いますが、要件として、正規雇用者として働いた期間が通算して1年以内で、雇い入れ時以前過去1年間に正規雇用者でなかった人をハローワークや民間の紹介会社を通じて雇い入れた事業主に対する助成金でした。
社会に出てから、ほとんど非正規雇用として働いたか、働いた経験があまりない人ということになると思います。そのような人はキャリア形成などもなかなかできずにいるので、そういう人を正社員として採用して新しくキャリアを築いていただくというのはとてもいいことだと思います。
今日、昨日お問い合わせについてメールで返信したことの補足説明でお電話したときに、会社として社会貢献にもなるので、採用のときには考慮してみてくださいとは申し上げましたが、うーん。というところです。

続きを読む

PageTop