FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる13年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

ウィルスへの対抗は想像力で

 今月は、新型コロナウィルスに気をとられすっかりブログの更新がおろそかになってしまいました。
今月半ば過ぎから情勢はじわじわと悪化して、個人的には東京はもう感染爆発に近い状況なのではないかと思います。私の住んでいる埼玉県もうかうかしていられない。
一連の政府のやり方をずっと見てきましたが、まず、数字のデータは全面的に信頼できるものではないということは明らかです。
諸外国に比べてあまりにも検査件数が少なすぎるため、感染の正しい状況がわかりません。また、政府は死亡者数が少ないことを誇っているようですが、肺炎で亡くなる方は年間10万人近くいるそうで、その中に既存の理由に当てはまらない人が当然いると思われます。生前検査をしていれば、新型ウィルスによるものか区別がつきますが、亡くなった後に検査はしないでしょうから、結局、もしかしたら新型コロナによる死亡者はもっといるのかもしれないという疑いをもつ余地がでてきます。
でも、10万人の中の百人、二百人以下の数字は率にするとかなり小さいからほとんど問題になることもないでしょう。
かくして、表に出ない知らないところに葬られる数字となる(あくまでも私見です)。
そんなわけで、自衛するしかないと思うのですが、ウィルスに対抗できる人間の力といったら、やはり想像力だろうなと思います。

続きを読む

PageTop

研究会の発表会が中止になる

 このところ、当ブログは新型コロナウイルス関連の記事ばかりです。
この状況下では致し方ないとご容赦いただきたいと思います。
というわけで、テレビ、ラジオ、ネット、新聞と手に入るあらゆる媒体をチェックしています。
政府のぬるい対応では自衛するしかありません。
「うつらない」、「うつさない」ためには、人に会わない、近づかない、口きかない、飲食しない、そんなことだと思いますが、首都圏で仕事をもって生活していたらそんなことはできません。しかし、できる限りするようにこころがけることはできます。
2月6日の記事に書いた所属する社労士会の研究会の発表会も記事を書いた時点でなんとなく危惧していたのですが、やはり中止となりました。
毎年、150人から200人が参加して朝10時から夕方16時半まで、お弁当も食べてまるまる1日の長丁場
ですが、会場は窓を閉め切りで換気が不十分ですし、人と人の距離は近いです。
おまけにマイクは使いまわしして使いますので、今般のような社会的状況があると、やはり開催は難しいと思います。

続きを読む

PageTop

発表会の準備をする

 私の所属する埼玉県社会保険労務士会には、会が公認して会員が自主的に運営する研究会が15部会あります。
3部会ずつ交代で研究の成果を発表する発表会が毎年年度末の3月に開催されます。以前は2月の開催でしたが、発表会の前日に大雪が降ったりしたこともあり、何とか開催はしましたが、なるべくリスクを減らそうと3月開催に変わったのです。
15部会のうち3部会ずつということで、発表の順番が5年に一度回ってきます。私が所属する部会にも今年5年ぶりに順番が回ってきて、現在、プロジェクトチームを作り準備を進めているところです。私は現在この部会のリーダーを務めているので、とにかく、私も含めてメンバーが元気に当日を迎えられれば、もうそれで、少々失敗しようと何しようといいという気分でいます。
誰かが不測の事態で来られなくなったときのサポートメンバーなども決めていて、その会員にも会合に参加してもらっています。危機管理ということでしょうか。

続きを読む

PageTop

ウィルスにどう対抗する?

 歴史をみると、国が滅びそうになるまたは停滞する原因に挙げられるのが災害と疫病です。
東日本大震災以来、日本列島は様々な災害に襲われて、なんか、大変な時代になったなーと思っていたら、今度は新型コロナウィルスの襲来です。
今般の新型コロナウィルスについて、武漢から帰国した人の中で3人陽性だったとニュースがありました。
潜伏期間が2週間ということですし、春節で来日した中国の方も多いですし、無症状の潜伏期間にも感染させるらしいとのことですから、これから拡大していくと、観光業その他様々な事業が停滞してしまう恐れがあります。
私も、昨年は多忙を理由に何となく仕事だけになってしまったので、今年は積極的に「遊び」を増やそうとひそかに思っていましたが、ちょっと出鼻をくじかれた感があります。

続きを読む

PageTop

原稿を書かせていただきました。

2020-01企業実務 今月発売の『企業実務2月号』に住民票等への旧姓併記が可能になったことに関連して企業の対応などについての記事を書かせていただきました。
実は、同誌には2017年の1月号で「どう考える?ビジネスでの旧姓使用」という記事を書かせていただいたことがあります。
私の意見は最高裁判例とあわせて過去記事に書きました(参照)。
なので、同じようなテーマなので、別の方が別の切り口で書いた方がいいのではないかと思い、編集者の方に申し上げましたが、私の思うように是非書いてほしいとのご依頼で書かせていただきました。

続きを読む

PageTop

今年の私の漢字は「動」?

 あらためまして、明けましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。
さて、今日から仕事始めの方も多いかと思いますが、本日、通勤の道と言っても7キロほどですが、かなりすいてました。
まだ、お休みの会社もあるのか、皆さん、動き出しが遅いのか、静かな朝でした。
というわけで、年の初めに自分の今年の振る舞い方などを考えてみました。
漢字で言うとズバリ「動」でしょうか。ここ2年ぐらい「働き方改革」関連法がらみの仕事が増えて、土、日も事務所に出て仕事をすることが多く、なかなかプライベートなのんびりした時間をとることができませんでした。
私的な友人とのお付き合いもなかなかままならず、仕事優先できてしまいました。


続きを読む

PageTop

本日で御用納めとさせていただきます。

 2019年も残り少なくなりました。平成から令和へと移り行き、私も昭和、平成、令和と生き続けることになりました。
ここ1、2年は「働き方改革」関連で仕事が増え、当ブログの更新も滞りがちでした。
2006年から開業してブログを始めたときから10年ぐらいはかなり熱心に更新し続けていましたが、10年過ぎて多少油断してきたと言いますか、10年続けられたんだから、後はのんびりやるかと自分に甘くなり、どんどんエントリー数が減ってしまいました。
今は、書きたいときに書きたいことを書けばいいかなという体たらくとなってしまい、お恥ずかしい限りです。
それでも、何とか続けられたのはこんなブログでもどこかでどなたかが読んでくださっているかもしれないと思い、何かのお役にたてればいいかなという気持ちと、自分の歩いてきた日々の記録になるなと思う気持ちと両方です。
あの頃、私はこんなこと考えていたんだと古い記事を読み返して、自分でも忘れていた過去の自分を再発見したりすることがあり、楽しくもあり気恥ずかしくもあります。
来年も、こんなペースでのんびりと続けていこうかと考えています。
当ブログに来てくださった読者の皆様、1年間ありがとうございました。
来たるべき新年が皆様にとって素晴らしい年となますようお祈りいたします。


PageTop

忘年会スルーが今風?

 12月は忘年会の季節。私も所属する社労士会の支部の忘年会が先週行われ、会員諸氏と楽しく過ごしたばかりです。
巷では、「忘年会スルー」というのが話題になっているようで、最近テレビでも取り上げられています。昭和、平成の時代には、各企業などで忘年会というのは必須の行事だったように思いますが、上司などに気を使ってお酒を飲みたくないとか、気の合う仲間だけで飲みに行きたいとか、自ら望んでいる飲み会ではないのに会費はしっかり取られるのももったいないなどが理由のようです。
総じて、この国の特に若い人たちは、まず何にお金を使うか結構厳しめに考えているように感じます。無駄なことにお金を使いたくないということですね。
リーマンショック以後、というか、バブル崩壊以後日本の経済成長率は低迷していて、賃金の伸び率も低くというかほとんど変わっていない、どんどん世界から置いて行かれているみたいだし、自然災害などが多くなっていつどうなるかわからない、それなら、自分の趣味嗜好などを大事に生きたいと思うのは、無理からぬことかもしれません。



続きを読む

PageTop