FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる12年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

上手に年をとることを考える

 守秘義務があるので、詳細は控えますが、最近、ある所であるご相談をお受けしたある方とお話して、いろいろと考えるところがありました。
その方は80歳(男性)だそうですが、現役の短時間労働者です。数名のチームで仕事をしているそうですが、勤続年数が長い方なので、何となくリーダー的立場だそうで、他のメンバーが会社に対する疑問などを、その方に聞いてくるそうです。
いちいち会社に聞くのも躊躇してご相談に見えたということです。
聞きたい事項の要点をきちんとメモにして見せてくださいました。
80歳で現役ということにも驚きましたが、お見かけした感じもお年を感じさせない雰囲気をお持ちです。
ご相談の内容は、労働者が最も関心を持つ事項のベスト3には入ってくるだろうと思われる労働基準法に規定のある重要事項です。

続きを読む

PageTop

祝 社労士法制定50周年

 私たち社労士が仕事をする上で根拠とする法律「社会保険労務士法」が制定されてから今年50周年の節目の年を迎えました。
私の所属する埼玉県社会保険労務士会も、郵便物の封筒などに50周年のロゴが目立つようになり、記念バッジなども会員に配られています。
昨日は、記念事業として会長褒章の表彰式が行われ、私も末席に加えていただきました。
会長褒章は、会や各支部の理事などを長く務めた会員や長年社労士業務に励んだ会員に対して行われました。
最初、ご案内をいただいた時には、私は登録してからたったの12年、20年、30年の先輩方がいらっしゃるのに、何故?と思い、支部長に電話してしまいました。私も基準に該当することがわかり、私と同じ頃登録した会員にもご案内が届いていることがわかり、そんなこんなで、どんなものかと野次馬的好奇心もあり、表彰式に参加させていただくことにしたのでした。

続きを読む

PageTop

『企業実務』に原稿を書かせていただきました

2018企業実務12-3 日本実業出版社様発行の雑誌『企業実務12月号』に、「社員に事実婚を報告されたら実務はどうなる?」というテーマでご依頼を受け、原稿を書かせていただきました。
たくさんの記事の中で3ページだけの小さな豆知識、豆情報的な感じのQ&A原稿です。とりあえず、法律婚と事実婚の違い、税法の配偶者控除は受けられないが、社会保険では事実婚の配偶者も配偶者として認められるので、健康保険の被扶養家族になることはできるなどの、実務に直結した法律的な解説記事で、特に私見をさしはさむような内容ではありません。
しかし、原稿には反映されていませんが、この原稿を書かせていただくことで、考えることも多くあり、興味深い仕事をさせていただいたと感謝しております。

続きを読む

PageTop

スマホを落としただけなのに を読む

 日曜日から昨日の月曜日にかけて「スマホを落としただけなのに」という小説を読みました。
私の場合、本を読みだすとやめられない、とにかく最後まで一気に読みたい方なので、特に推理小説を読むときは、急ぎの仕事がないときでないと難しいです。それで、普段は我慢しています。
たまたま、今なら大丈夫だという機会があり、また、文庫本なのでそんなに時間はいらないだろうと思い読んでみました。
「このミステリーがすごい!」大賞を受賞して映画にもなり今話題の小説だと思いますが、多くの人がスマホを持ち、そこに情報を詰め込み、そこから情報を得ている現代だからこそ生まれたミステリー小説だなと思います。
「ああ、この人が犯人だな」というのは、途中ですぐわかりましたが、最後に思わぬしかけ?もあり、やはり「大賞」だけあるなと思いました。

続きを読む

PageTop

みんな違ってみんないい

 私は、かねてより「人は違って当たり前」との思いをもってきました。自分を人に合わせる必要もないし、人も自分に合わせる必要もない。それは、自己主張ばかりするというのではなく、自分の意見をきちんと表明し、相手の意見にも耳を傾け、お互いに意見をすり合わせ、いいところを認め合って現状をより良くするという考え方です。
アメリカのトランプ大統領は、自分と意見の合う人、自分を支持する人の方だけ向いているのが顕著で、民主主義の国らしからぬ大統領だなと思います。
世界を見てみるとと言っても報道や識者の話をきくだけですが、反民主主義の傾向が強まっていくように思います。
共産主義も民主主義も結局失敗して、中世の暗黒時代に逆戻りするんだろうかなどと感じるときもあります。
話がそれましたが、会社に新しく入った人が、その会社の雰囲気を壊すような言動をとったときに会社としてどう決着をつけるか、そんな命題を最近経験というか現在進行中です。

続きを読む

PageTop

一つずつ仕事をこなす

 このところ、関与先から持ち込まれた案件についてあれこれ調べたりすることや、原稿執筆などに追われ、ブログの更新がすっかりおろそかになってしまいました。
書きたいことはいろいろあるのですが、開業したての頃に比べ、私も馬力がなくなり無理がきかなくなりました。疲れやすくなったと申しますか、身体がついていかないと申しますか、睡眠もしっかりとらないとだめだし、寄る年波というものをなんとなくですが感じています。
今日は、ある雑誌にご依頼された原稿の最終稿を書き上げました。図表などを入れると全部でA44枚ほどで量的には全然大したことはありません。今年はA426枚の小冊子を出していただいたし、その後も同じぐらいの原稿を書いて、これから最終の打ち合わせをするものや、締切が来年1月の、やはりA430枚ぐらいになりそうな執筆もとりかかったところです。
でも、分量は関係ありません。書かせていただくからには、依頼してよかったと思っていただけるものを書きたいです。

続きを読む

PageTop

限定正社員の調査 労働経済白書

 先月末に2018年版の労働経済白書が公表されました。その中で、働き方改革関連で政府のアナウンスでも度々言われていますが、働き方の多様性を認め人材育成をしていくというところで、限定正社員制度について取り上げています。
育児、介護などの家庭の事情や病気治療など私的事情で、地域を限定して働きたい、職種を限定して働きたい、残業はしないで働きたいなどとという人のために企業内で作る制度です。
通常の正社員ですと、会社に命令されるままに全国規模の転勤や部署異動が当たり前ですが、それらはしばしば私的都合より会社の都合を最優先させる働き方となり、私的都合をいろいろ抱えている人にとっては難しい働き方です。
それをしないと正社員になれないとしたら、少子高齢化社会の中で企業にとっても人材を確保することが難しくなります。
労働者側にとっても正社員になれず不安定な雇用環境に身を置くしかなくなります。
それをカバーするために作られた制度で、近年、行政でも推奨しています。

続きを読む

PageTop

病気治療をしながら働ける会社を

 先月最後の記事で、当ブログをSSL化した件を書きましたが、気がつくとカウンター表示と天気予報表示がでていない問題が発生していました。
うーん。いろいろ検索してみると、プラグインなら簡単らしいのですが、天気予報は以前はプラグインできたけど、今はなくなっています。
また、カウンターは最初のころ、プラグインではなく息子に頼んで埋め込み式でいれたため、やり方はネットで検索すると出てはいるのですが、自信がありません。「〇〇ちゃん(息子の小さいころの愛称)先生」に何とかお願いしないといけないかなと思っております。
さて、昨日は先進的ながん治療に大きな道を開いた本庶佑氏がノーベル医学生理学賞を受賞という明るいニュースがありました。
最近、がんになってもすぐ退職ではなく、一時的に休職しても職場復帰する例が増えているといわれます。今後、いい薬や治療法が開発されれば、ますますそういう事例が増えることと思います。
労働政策研究・研修機構では、「病気の治療と仕事の両立に関する調査」を公表しています。

続きを読む

PageTop