fc2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる15年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

社会保険の適用拡大雑感

 今朝、いつも出かける支度をしながら視聴しているテレビ番組の内容がロシアの「ウクライナの一部勝手に併合」の話をしていました。併合した州のウクライナ人をロシア人としてしまい、徴兵して戦わせるというなんとも痛ましい話になり、見ていられなくてチャンネルを変えました。
したところ、10月1日からの社会保険適用拡大の話をしていていつも見ていない情報番組ですが、ちょっと視聴してみました。
パートタイマーなど短時間労働者の社会保険適用については、2016年10月から法改正となり、①1週間の所定労働時間が20時間以上 ②月額賃金が8.8万円以上 ③学生でないこと ④2か月を超えて使用される見込みがある 以上のすべてを満たす人も適用となることとなりました。
ただし、勤務先の企業規模で法施行日現在の被保険者数(社会保険加入者数)が501人以上という条件がありました(人数が足りなくても労使の合意により適用できる制度あり)。
それが今年の10月1日から101人以上の規模に拡大され、さらに2年後には51人以上の規模に拡大されます。
今まで、配偶者の被扶養者になり保険料負担をしていなかった人も条件に該当すれば強制的に加入となり、保険料を賃金から控除され、手取り額が減ってしまうということになります。

続きを読む

PageTop

念には念を入れることは大事

 どのような仕事であってもミスのないようにということが大事ですが、多くの企業等では、人間、誰しもうっかりミスをすることはあるという前提でチェック体制というものを整備していると思います。
念には念を入れるということだと思いますが、せっかくシステムが整備されていてもそれが守られなければ意味がないわけです。
昨日、認定子ども園の送迎バスの中に置き去りにされたために3歳の園児が亡くなったという痛ましい事故のニュースを聞いて、親御さんのお気持ちはどんなに辛いだろうと思い、また、何故そのようなことが起こるのだろうと怒りのような気持ちもあり、疑問がいろいろ湧きました。
昨年の夏にも同様な事件があり、幼い命が奪われてから、安全管理の徹底が関係省庁や自治体から通知されたそうです。当該子ども園でも乗車、降車の際の確認について、園児それぞれのQRコードで管理していたようですが、乗車の際には一人ずつチェックしたのに、降車の際は人数を確認せず当日乗車していた6人についてまとめて登園したとして入力していたそうです。
当日はバスの運転手が急に休んだため、園の理事長が代わりに運転していたそうで、降車の人数確認をすることが不十分になったのではないかと報道されています。


続きを読む

PageTop

「固定給が低過ぎる」 労組の訴え

 報道によると、テレビCMなどで名前が知られている引っ越し業者の労働組合が記者会見を開き、基本給が毎月6万円(運転しない助手は5万円)で残りは出来高払い制の賃金制度となっていて、労働者にとっては酷な状況だということを会社側と交渉中であることを明らかにしたようです。
最近、『運送業の未払い残業代問題はオール歩合給で解決しなさい』(向井蘭、西川幸孝共著 日本法令)という書籍を読んだばかりだったので、このニュースを興味深く読みました。
この本では、給料のすべてを歩合給にすれば(それはけして違法ではない)残業代が少なく済むし、働きに見合った賃金制度とできることや今後問題となりそうな同一労働同一賃金に関して、均等・均衡待遇にも対応できる方策として推奨しています。

もちろん、労働者によく説明して同意のもとに契約することや、運送業の場合、配送先のルートや状況による不公平も出てくるし、配車係の「権力濫用」問題などもでてくるので、それらを調整できる仕組みづくりをすること、相談窓口などにより社員とのコミュニケーションを密にして、意見をよく聞くなどの留意事項も書かれています。

続きを読む

PageTop

国民皆保険はどこへ?受診控えの声明

私はかねてから「乱診乱療 」は医療保険制度を危機に陥れると考えています。
不必要な検査や薬の投与などが限られた予算で運用する医療保険制度の財政を圧迫するので、医療をする側には常に新しい知識、情報、技能を仕入れて、本当に必要な治療と薬を選択して適切に治療していただきたい。治療してもらう側も少し薬を多めにもらうなどは控えて、無駄遣いをなるべくやめるように心がけるなどが必要だと思っています。
超高齢化社会となり、そのうち、治療内容によっては年齢制限などがかかるようになるのだろうか。などとも思っていました。
したところ、過日、今般のコロナ感染症に関して日本感染症学会他4学会(報道ではどの学会なのかよくわかりませんでした)が、65歳以下で軽症で基礎疾患のない人は受診を控えて様子を見るようにとの提言をしたと報道されました。
具体的には、ほとんどの人は軽症で自然に治るので、症状が軽い人は受診せず様子を見てほしい。37.5度以上の発熱が4日以上続いたり呼吸困難がある場合には重症化するかもしれないので受診するようにとの提言というか、お達し?、報道では「声明を発表した」とありました。
すごいことになったと思います。



続きを読む

PageTop

秋葉原通り魔事件死刑執行雑感

 今朝、通勤中の車の中のラジオで「秋葉原通り魔事件」の犯人の死刑執行が行われたというニュースを聞きました。
忘れかけていた記憶がよみがえり、事件が起きたときの衝撃も思い出しました。
彼が当時いわゆる派遣切りにあいそうになり、社会に対する不満が爆発したらしいと報道されていたことも思い出しました。
事件は2008年6月だったとのことで、もう14年も前になるんだと思い、その間(正確には刑が確定後ですが)、刑の執行を待ち続けなければならず、死刑というのはつくづく残酷な刑罰だなと思いました。
もちろん、彼の行為は許されるものではなく、理不尽に命を奪われた方々のご遺族にとっては、どんなに重い刑罰であっても、けして心が晴れることはないのだろうと想像します。

事件が起きた当時は、報道で犯人の写真を見ましたが、ごく普通の青年で、普通に挨拶もしてそうだし、むしろ優しそうに見えて、余計に驚きました。
人生の中で何かの歯車が違っていたらこんなことにはならなかったのだろうかとも思いました。
死刑執行を聞いて、人を更生させて社会に戻して、二度と犯罪を起こさないように自立して生活できるようにするプログラムとかシステムとかできないものだろうかとふと思いました。
人は人によって救われるといいますが、人ではなく、AIを使ってそんなことができないものだろうか。
やけくそのような通り魔事件を起こす人はだいたい自分が救われるような人に出会えていません。
まあ、AIでも人間が動かすことになるのですが、人がだめならAIでなんとか・・・?。
朝から降り続く雨を眺めながら、そんなことを考えた何とも気分が晴れないニュースなのでした。

PageTop

着替えの時間は労働時間?

 今朝の朝日新聞に、食堂などを運営する会社に労働基準監督署から従業員の着替えの時間を労働時間として、賃金を支払うように是正勧告が出たと報道されていました。
会社側弁護人は「対応について検討中」としているようです。
是正勧告はあくまでも「勧告」で、法律違反について指摘して法律に沿って直しなさいとする警告のようなもので、ただちに従う法的な義務はありません。
しかし、是正勧告が出たということは、法違反があるとされたわけですから、企業側としては重く受け止め、「是正報告書」を提出して修正すべきことは修正するという態度を示すのが普通だと思います。
私も、以前、ある小規模な事業所から是正勧告について相談を受け、法律に沿ってあれこれ事業主さんに対応してもらい、それを報告書にまとめて必要な書類なども添付して管轄の労働基準監督署に出向いたことがあります。
自分なりに「理論武装」していったのですが、面談した労働基準監督官氏は、報告書を受け取って、一読して特に質問もなく意外とあっさり終わってホッとしたことがありました。
事業主さんから「こういう文章はあたしらにはとても書けないです。やっぱり先生に頼んで良かった」と言っていただいたときにはちょっぴりうれしかったです。

話を戻しますと、冒頭の会社が運営する商業施設内のカフェに勤める女性が、更衣室で着替え、店舗まで往復する時間が1日で30分ほどあり、これが労働時間に該当すると思われるのに賃金が支払われないと、労働基準監督署に申告したことから是正勧告になったとあります。

続きを読む

PageTop

「JR職員激怒動画事件」雑感

前回7月4日の記事の最後で カスタマーハラスメントについて書きましたが、細かい状況がわからないので、何とも断定できませんが、もしかしたらちょっと近いかなと思うことが昨日から今日にかけて報道されています。
JR山の手線渋谷駅ホームで、線路に財布を落とした乗客が、すぐに駅員に拾ってもらえなかったためホームの非常停止ボタンを押して電車を止めてしまい、運行に支障をきたし、当該駅員が当該乗客に対して怒っている様子を当該乗客がスマホで撮影して「TikTok」に投稿して拡散され賛否両論沸き起こっているというものです。
JR側は駅員に不適切な言動があったことについては謝罪していますが、非常停止ボタンを押すのは人が線路に落ちたときと落としたものがスーツケースのように大きな物で列車の運行に危険な場合のみにしてほしいとあらためてアナウンスしています。
そして、財布等の小さな落とし物については、列車の運行状況を見ながら安全な時間帯(終電後になる場合もある)を見計らって拾うため、特に当該事案の時間帯の山の手線の場合、列車の運行間隔が非常に短く危険なためすぐには拾えないと発表しています。

続きを読む

PageTop

携帯電話はインフラだった

 当地は先週ずっと続いた猛暑も今日は一段落して、朝から曇りで太陽がでてこないので気温も30台
前半ですみそうです。
先週はエアコンの効きが悪く感じましたが、今日はそんなこともなく快適です。
そんな中、2日未明からauの通信障害が発生して、実は私もauなので電話はつながらない状態が続いています。
でも、ネットは大丈夫なので普段どおり家族とはLINEでやりとりできるし、携帯のメールは今となっては、自分からは、ほとんど使わないのですが、以前登録したところからのお知らせメールなどは届いていて、昨日ニュースを見るまで通信障害について気がつきませんでした。
auの携帯電話の利用者回線は3900万余りということで、通信障害は大きな影響を及ぼしているようです。会社ぐるみでauを利用している場合などはとても困るでしょうし、一部の銀行のATMにも影響が出たということで、あらためて携帯電話は社会的なインフラなんだと思った次第です。



続きを読む

PageTop