FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる13年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

主夫は遺族基礎年金がもらえない

先週、新聞の読者の投書欄に遺族基礎年金に対する疑問が提示されていました。


その方は働く女性、夫が小さな子の面倒も含めて主婦ならぬ主夫として頑張ってくれているそうです。最近、ファイナンシャルプランナーの話を聞く機会があり、自分がもし死亡した場合遺族基礎年金がもらえないということを知ったそうです。それぞれの家庭の事情により働き方があるはずなのに、不公平ではないかというものです。


遺族基礎年金は国民年金部分から支給されるものですが(注1)、妻又は結婚していない子(18歳年度末まで又は、20歳未満で障害等級1、2級の子)に支給されます。妻の場合、妻単独では支給されず、「子のある妻」というのが絶対条件です。夫には、たとえ妻に扶養されていたとしても支給されません。


注1.①被保険者が死亡したとき、②被保険者であった者が日本国内に住所を有し、かつ60歳以上65歳未満で死亡したとき、③老齢基礎年金の受給権者が死亡したとき、④老齢基礎年金の受給資格者が死亡したときに支給されます。①、②の場合は保険料納付要件があります。

続きを読む

PageTop