FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる13年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

離婚後300日の壁 民法772条

民法は私人(注1)間の法律関係を定める法です。


注1 国家あるいは公共という立場を離れ、私的な立場からみた一個人。国家または公共のために働く「公人」に対する語  (内閣法制局法令用語研究会編 法律用語辞典より)


遠く明治の時代に、最初はフランス民法典、後にドイツ民法草案を参考に起草されました。1898年に施行された後、度々改正されましたが施行当時の内容があまり変わっていない条文もあります。


この中の772条というのは、①妻が婚姻中に懐胎した子は、夫の子と推定する。


②婚姻の成立の日から二百日を経過した後又は婚姻の解消の日から三百日以内に生まれた子は、婚姻中に懐胎したものと推定する。


普通に幸せな結婚生活を送っていれば何の問題もないのですが、ずっと夫婦仲が悪く、妻が別の人と交際してその後離婚して交際相手と再婚したとします。再婚後に新しい夫の子供を産んだとしても、再婚後300日を過ぎていなければ元夫の子とされてしまうわけです。再婚後に懐胎したことが間違いなくても、早産で300日たたないで産まれてしまったなどという場合も同じです。

続きを読む

PageTop