FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる14年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

年金問題はどこへ行った?社会保険庁解体前にするべきこと。

政府は国民投票法案を可決させ、参議院選挙の争点に憲法改正を持ってこようともくろんでいるらしいですが、一時騒いでいた年金改革はどうなってしまったんでしょう。


団塊世代が60歳を迎え、年金を払う側からもらう側へ変わっていくのに、国庫負担を3分の1から2分の1にする財源だってはっきりしていません。


年金の支給について物価スライドだけではなく、被保険者の総数や平均余命の伸び率などを加味して決めることにして、年金の総支給額をなんとか抑制しようとしていますが、少子高齢化が厚生労働省の考えている以上に進展すれば、更なる抑制が必要となるかもしれません。

続きを読む

PageTop