FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる14年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

育休中の「ノーワーク・ノーペイ」について考える

最近育児休業中の給料についての記事を書きましたが(過去記事参照)ノーワーク・ノーペイ」というのは本当に正しいのだろうか?という疑問が湧いてきました。


ノーワーク・ノーペイ」というのは、民法623条を根拠に「労働に従事してその報酬を払うのが雇用契約だから、働かない分の報酬は払わなくてよい」ということです。


確かにそれで法律的に間違いはないし判例等でも「ノーワーク・ノーペイ」という言葉が使われ、今や常識です。他方、民法には「契約自由の原則」があり、公序良俗に反したり違法な内容でなければ当事者間でどのような契約も結べるという原則があります。


また、雇用契約についても民法はおおまかな概略を規定する一般法であり、労働基準法等の労働に関する特別法で修正され、そちらが優先されることになります。

続きを読む

PageTop