FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる13年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

難民にもグローバリズムの恩恵を! 映画「約束の旅路」を観る

連休中に「約束の旅路」という映画を観ました。


親族からチケットをもらったので、何の予備知識もないままに観に行ったのですが、考えさせられることの多い映画でした。


1980年代にアフリカのエチオピアにいるユダヤ人(正確にはユダヤ人の末裔と思われるエチオピアのユダヤ教徒)をイスラエルに移送するという、実際にあった話をもとに作られています。世界史の中に出てくる「バビロン捕囚」、そして「出エジプト」などを思い出しますが、不覚にも80年代にこんなことがあったなんて私は全然知りませんでした。


干ばつのための飢饉や内戦などのため、スーダンの難民キャンプにやってきた人々の中から、ユダヤ教徒の人だけがイスラエルに逃れることができます。このままキャンプにいても生き延びることが難しい状況の中で、母は息子をユダヤ人だと偽るように諭して前日に息子を亡くしたユダヤ人女性に託すのです。

続きを読む

PageTop