FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる13年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

個別的労働関係における労働者

昨日、労働者と取締役の違いについて記事にしましたが、その関係の判例もついでにご紹介したいと思います。


私の手元にある「判例百選」には、パピルス事件(東京地裁判決 平成5.7.23)というのが掲載されています。これは、昨日の話とはどちらかというと逆の例なのですが、自分は労働者なのだから、労働者としての賃金を払えという原告について、労働者としては認められないと、請求が棄却された例です。

続きを読む

PageTop