FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる13年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

力士にも就業規則が必要?朝青龍の処分について社労士的に考える

私は相撲は特に好きなスポーツではないのですが、NHKのニュースをはじめとして、メディアでは結構取り上げられるので、見るとはなしにみてしまいます。


このところの「朝青龍騒動」も興味深く見ていました。


新聞やラジオなどに出てくるコメンテーターで相撲ファンを自認する人たちは、かなり怒っていて「辞めさせて欲しい」と発言していた人もいました。処分についての朝青龍自身のコメントが発表されましたが、ファンに対する謝罪の言葉などは一切ありませんでした。


社労士的にみるとこれは一種の「懲戒処分」にあたるわけですが、会社などでは、社員に懲戒処分を課す場合、どういう行為についてどういう処分があるかという就業規則などの社内規程上の根拠が必要です。また、普段何の注意もなく突然に重い処分をするというのは、常識的にはできません。小さな事由の時から注意などをして手続きを踏んで、重い処分に移行するわけです。

続きを読む

PageTop