FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる13年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

最低賃金14円UPで労働者は楽になるのか?(2)

さて、昨日の続きです。月に2000円余りのアップが労働者の生活にどれぐらい影響を及ぼすかはわかりませんが、上げ幅が昨年の5円より大きかったというのは、労働者側にすれば歓迎すべきことなのでしょう。


近年、最低賃金で働いても1カ月の収入が生活保護基準を下回るということが問題になっています。保護を受けないで、一生懸命働いている人の方が収入が少ないというのは、おかしいというわけです。


そもそも、生活保護基準というのは、憲法25条第1項で保障される「健康で文化的な最低限度の生活」を守るためのセーフティネットですから、本来、それを下回る生活は許されないはずなのです。

続きを読む

PageTop