FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる13年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

提訴は無駄にはなってない。無年金障害者の元学生敗訴

現在の年金制度では、日本に在住している20歳以上60歳未満の人は、全て強制的に年金制度に加入しています。


しかし、今の制度が固まるまでは、強制加入ではなく任意に加入すればよいとされた人達がいました。昭和61年3月以前の被用者(厚生年金加入のサラリーマン、共済組合加入の公務員等)に扶養されていた配偶者、イメージとしては専業主婦(夫)です。それと、平成3年3月以前に学生であった人です。


いずれも収入がないのに保険料を払うのは大変だろうということと、主婦(夫)については、配偶者が老齢厚生年金や退職共済年金を受給するようになると、配偶者加算もつくし、学生についてはいずれ社会人になれば何らかの年金制度に加入するのだから、まあ、いいでしょうということだったと思います。


しかし、これには大きな落とし穴的問題があったのです。

続きを読む

PageTop