FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる13年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

二重就職で懲戒解雇は有効か?(2)

昨日の続きですが、裁判では就業規則上の兼職禁止や会社の許可が必要というような制限規定を認めています。


しかし、その内容や程度を考慮して、実質的には禁止されている兼職にはあたらないとしたものもあります。


①平仙レース事件 病気休職中の女工が近くの工場で軽作業を1日2~3時間、10日間手伝った (浦和地判昭和40.12.16)


②東版印刷事件 病気療養中の写植工が元同僚経営の競業会社で数回写植作業した (東京地判昭和59.2.28)


③定森紙業事件 営業事務員が妻の経営する競業会社での営業に関与した (大阪地決定平成元.6.28)


などがあります。いずれも時間的に恒常的ではなく、身内や知り合いを手伝ったという感じのものです。

続きを読む

PageTop