FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる13年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

情報を独占しようとする社会保険庁の役人根性

「ねんきん特別便」については、過去2度ほど記事にしたことがあります。(参照)

昨日、「ねんきん特別便」の問い合わせで窓口に来ても、過去勤めていた会社のことなどを、本人が思い出さない限り一切教えないというマニュアルがあるということが報道されました。

60代、70代の人にとって半世紀近く前に勤めた会社の社名がどうしても思い出せないということはあり得ることと思います。社長の名前などを尋ねられても答えられず、会社の所在地だけしか覚えていないため、結局、「思い出してもらわんとね」と突き放されたというような例も新聞にありました。

社会保険庁側としては、誰かの記録を自分の記録と偽る「なりすまし」を防ぐという意図があるそうですが、もとはと言えば自分達のミスからこういう事態になっているという認識が、まだまだ甘いようですね。

続きを読む

PageTop