FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる13年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

懲戒処分について考える

昨日の記事で、こんな校長は「懲戒免職にしてほしい」というようなことを書きました。

最近、就業規則の見直しの仕事をさせていただくようになって、やはり「懲戒処分」というのは気をつけて見るところの一つです。

本来、使用者と労働者は対等の立場で労働契約を結ぶわけですから、使用者が一方的に労働者を支配するかのごとくに懲戒処分を課すのはおかしいのではないか、という議論は労働法の世界では古くからあったようです。

法律の世界では、とにかく一つのことが認められるためには、必ず何らかの「根拠」が必要です。

法律条文、判例、学説などにそれを求めるわけですね。

続きを読む

PageTop