FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる13年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

労使馴れ合いの果て 社保庁の不当労働行為

昨日、社会保険庁の「ヤミ専従」の常態化が報道されました。(参照)

労働組合の活動に専従して本来の業務をしない職員に対して、給与を支払い続けていたことが発覚し、その額は1997年から2004年にかけて5億円にものぼり、今後さらに増えるかもしれないとのことです。

社会保険庁の今後の後継組織のあり方について検討していた段階でわかったそうで、労組側は委員長が辞任する見通しで、給与の返金にも応じる方針だそうです。

「給与を払ってあげてたんだから、組合活動に理解があっていい使用者ということになるんじゃないの?」

と思う方も中にはいらっしゃるかもしれませんが、これは、労働組合法で禁止されている不等労働行為にあたります。(第7条3号)

続きを読む

PageTop