FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる13年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

過重労働によりうつ病になった社員の解雇は無効

今週、うつ病になり休業していた社員が休職期間満了による解雇を無効として会社を訴えた事件の地裁判決がありました。

病気にかかり休職した場合、就業規則上の休職期間が満了しても治らないで仕事ができない場合は、退職、解雇などになるのが普通です。

しかし、その病気の原因が業務上のものである場合、会社は療養のために休業する期間及びその後30日間は解雇できないという労働基準法の規定があります。(19条)

それでは、業務上の疾病が重くいつまでも治らない場合、会社はずっとその社員を雇い続けなければならないかというと、療養開始後3年を経過した後「打切り補償」(平均賃金の1200日分を支払う)をすれば、解雇できるという但書が同規定にあります。

続きを読む

PageTop