FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる13年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

「制度創設以来の好機と危機」と語る連合会会長

社会保険労務士としての仕事をするためには、まず全国社会保険労務士会連合会に登録を申請して名簿に登載されることが必要です。

申請は事務所所在地の都道府県社会保険労務士会を通じて行います。

この全国社会保険労務士会連合会のことを私たちは「連合会」と呼ぶことが多いです。

毎月、この連合会から会員の社労士宛にB5版70ページ前後の記事と広告の掲載された小冊子が送られてきます。

法律の改正情報や会員の寄稿、いわゆる有識者の社労士関連事項に関する原稿、連合会の動きなどが記事としてあるのですが、今月号の巻頭では連合会会長の「ねんきん特別便」に対する対応についてのコメントが5ページに渡って掲載されていました。

続きを読む

PageTop