FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる13年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

大麻吸引力士の解雇について考える

組織の中で何かとんでもない不祥事が起きた時、トップの責任の取り方には2つあると思います。

1つは組織の長として責任は自分にあるということで辞任すること、もう1つは再発防止のための組織改革をしてから後進に座を譲るというやり方です。

後者のやり方は、世間の非難も浴びるでしょうし、この社会にありがちな「義理」「情」「しがらみ」などを全て切り捨て、自分も泥まみれ、血まみれになる覚悟が必要でしょう。

ここ何年かの角界の不祥事について、北の湖理事長は前者でもなく後者でもない態度をとり続けていましたが、さすがに自分の部屋の力士の大麻吸引の疑いが濃厚ということで、辞任をして、朝日新聞の一面では民主党の小沢氏の記者会見を押しのけてトップニュースとなっていました。

一方でこの事件の発端となったロシア人の元力士若ノ鵬釈放のニュースが報道されました。

続きを読む

PageTop