FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる13年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

問われる個人情報保護意識 セクハラデータ流出事件

都内の有名大学の「ハラスメント防止委員会」が相談を受けた実名入りの情報が、ネットに流出したということが報道されています。(新聞記事参照)

大学側の発表によると、流出したのは719件で、99年4月~07年5月に受け付けたセクハラやパワハラに関する相談や情報提供だそうで、相談した学生や訴えられた教授らの肩書きや実名、「セクハラ」、「ストーカー」などの内容や日付などが記載されているそうです。

データを自宅に持ち帰った嘱託職員が知人にデータ処理を依頼して、その知人のパソコンのファイル交換ソフトを通じて流出したとみられています。

嘱託職員は「学内でデータの整理作業をすると人に見られてしまうかもしれないので自宅に持ち帰った」

と語っているそうですが、それなら、何故第三者である知人にデータ処理を依頼したのでしょうか。個人情報の保護に関する意識が非常に低いとしか思えないし、大学側も職員に対する指導、教育を怠っていたのでしょうか。

続きを読む

PageTop