FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる13年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

労働基準法再読(3)賃金の5原則

週に一度は労働基準法について書くということで、今回は3回目です。

(1)は簡単な歴史について(参照)、(2)は罰則について(参照)と書いてきましたが、今日は労働契約の重要な部分である賃金についての規定を見てみたいと思います。

賃金とは使用者が労働者が働いたことについて支払う対価のことを言います。

民法では、先取り特権(会社が倒産したときなどに他の債権者に優先して弁済を受けることができる権利)が与えられて保護されていますが、労働基準法でもいくつかの保護規定があります。

男女同一賃金の原則(4条)、書面による賃金の明示(15条)、損害賠償の予約の禁止(16条)、賃金と前借金の相殺の禁止(17条)、強制預金の禁止(18条)、死亡・退職時の賃金支払(23条)、賃金支払の5原則(24条)、非常時払い(25条)、休業手当て(26条)、その他、割増賃金や賃金台帳の作成まで、いろいろあります。

今日は、支払の基本である「賃金支払5原則」についてみてみましょう。

 

続きを読む

PageTop