FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる13年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

障害年金の対象となるのはどんな障害?

年金・労務相談をしていると病気で休職中というような方のご家族がみえることがあります。

症状が重くなった場合は障害厚生年金があることをお伝えして、初診日がいつかが問題になるので、メモでもいいから記録をとっておいていただくようアドバイスします。

厚生年金の場合、国民年金にある1級、2級の他に3級という等級もあります。

概略は厚生労働省のHPにありますが、(参照)障害の状態を今まで大まかなイメージでしかとらえていなくて、必要な時には所定の表を見ればいいやと思っていました。

大まかなイメージとは、精神の障害も含めて、1級は両目、両耳、両上肢、または下肢の著しい障害、その他ほとんどベッド回りで過ごすことしかできないなど、2級は片方の上肢、下肢に異常があるとか、1級よりは軽いけれど、日常生活に著しい支障を生ずるなどです。

いずれにしても、1級、2級はかなり重い障害と考えてよいと思いますが、はて、3級は?となった時に全くイメージがなかったなあと思いました。

続きを読む

PageTop