FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる13年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

労働基準法再読(9)公民権行使の保障

さて、ちょっと間があきましたが、労働基準法再読です。

今日は、来月から裁判員制度も始まりますので公民権行使の保障(第7条注1)についてみてみましょう。

注1.労働基準法第7条 使用者は、労働者が労働時間中に、選挙権その他の公民としての権利を行使し、又は公の職務を執行するために必要な時間を請求した場合においては、拒んではならない。但し、権利の行使又は公の職務を執行に妨げがない限り、請求された時刻を変更することができる。

労働基準法では、労働者が勤務時間中に公民としての権利を行使することを認め、使用者にはそれをしない場合の罰則も6か月以下の懲役、又は30万円以下の罰金と定めています。

使用者には但書で公民権行使に支障がなければ時刻の変更はしてもよいということになっています。

一般的に労働者は昼間のかなり長い時間勤務により拘束されますから、選挙権などの権利を行使できなくなる可能性があります。そのようなことのないように権利を保障した条文となっています。

続きを読む

PageTop