FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる13年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

障害基礎年金の盲点部分 主婦の場合

先週、ある社労士の方の障害基礎年金に関するご意見が朝日新聞に掲載されていました。

会社員や公務員などの被扶養者となっている主婦(夫も含む)の場合、国民年金の3号被保険者となり、自分で保険料を負担しなくても(配偶者の勤務先が拠出金として負担する)将来老齢基礎年金が受け取れます。

もし、途中で短期間でも、よくあるのは生命保険会社の外交員などになった場合、いったん2号被保険者(会社などに勤めて厚生年金などに加入し給料から保険料を天引きされる人)になります。それをやめた後、自分で手続をとらないと3号被保険者に戻っていないと認識されて、未納扱いになってしまいます。

会社などに入った時は会社が3号から2号への手続をしてくれますが、やめた後は自分で手続をしないとまた3号になることができず、保険料を払わないでいると未納とされてしまうからです。

特に、生命保険の外交員などになって2ヶ月、3ヶ月の短期間でやめてしまった人は、自分が2号になったのも認識していなかったりすることも多く、やめた後手続をとらずにいる場合があり、将来、年金受給資格を満たすことができないというおそれもあります。

それを解消するために2005年からは届出れば、遡って手続をしたと認められるように法改正されました。それまでは2年間しか遡れなかったのが、それ以前も記録を訂正できるようになったのです。

というわけで、老齢基礎年金については救済されるようになったのですが、障害基礎年金については、遡って記録を訂正することができず、障害基礎年金を受給できない人が少なからずいる、これを何とかすべきというのが前述の社労士の方のご意見です。

続きを読む

PageTop