FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる14年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

自白強要が冤罪のもと 刑事裁判の闇

今や最もポピュラーな日本食であるお寿司は私も大好きですが、17年半それを食べることがかなわず、やっと食べることができたときってどんな感じなんだろうと思うニュースが先週ありました。

精度の極めて低いDNA鑑定が決め手となり幼女殺害事件の犯人とされ、無実の罪で拘留されていた方が釈放されて、久し振りにお寿司を食べたというニュースです。

その後、行きたかったカラオケに行った映像なども流れていましたが、ご本人が語るように、17年半の歳月は余りにも長く取り返しがつきません。

働き盛りだった40代半ばから熟年といえるような年齢まで無実の罪で自由を奪われていたのです。

日本の警察というのは「しょっぴれたらおしまいなんだ」とあらためて思いましたし、怒りや恐怖を感じました。連れていかれたら最後、連日連夜「お前がやったんだろう。白状しろ」と責め立て続けられ、頭が朦朧とする中で、つい「やりました」と言ってしまう。誰にでもあり得ることだと思います。

続きを読む

PageTop