FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる13年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

「無年金者の1割は受給資格あり」雑感

以前過去記事で2日間に渡り「年金の受給資格期間はややこしい」という記事を書きました。(参照①)、(参照②)

社会保険庁が抽出調査をしたところ、現在無年金状態の人のうち1割は受給資格があるのではないかと思われるというような発表がありました。

685人からの聞き取り調査結果ですから、これがすぐ全体に結びつくかどうかはわかりませんが、推計すると3万人ぐらいになるということです。

これは多いのか少ないのか数字に弱い私にはよくわかりませんが、3万人ひとりひとりの事情や人生を考えた時、そういうことは1人としてあってはならないことなのではないかと思います。

人生の円熟期に何がしかの収入があるのとないのとでは大違いです。

転職を繰り返しつつずっと働いてきて保険料を支払っていたのに、社会保険事務所で資格がないと言われた男性の例が昨晩テレビのニュース番組で出ていました。無年金状態は解消されましたが、その間の7年間という時間はもう還っては来ないのです。

他には「年金が出ないと思い込んでいた」、「知識がなかった」などの理由が挙げられています。

続きを読む

PageTop