FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる13年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

久し振りに見たイタリア映画

私が一番最初に観たイタリア映画って何かなあなんて考えてみると、幼い頃テレビで見た「自転車泥棒」とか、「道」、「鉄道員」あたりですかねぇ。

「道」は好きな映画の一つで、大人になってから劇場で2度ぐらい、テレビでも何度か見ました。最初の頃は知的なハンディキャップのある優しい子どものようなヒロインに気持ちが動きましたが、何度かみているうちに粗野で野蛮でどうしようもないアンソニー・クインが扮する「ザンパノ」という男に何ともいえない哀れを感じるようになりました。

肉体を誇示してみせる芸人として生計をたてていた彼が、老いて肉体の衰えを隠しようもなくなり、以前のように芸がうまくいかなくなったときの哀れな様子に心動かされるようになったのです。多分、私も大人になったということなのでしょう。

他には、ルキノ・ウ゛ィスコンティ監督の作品が好きでよく観ましたが、最近はあまりイタリア映画を観ていませんでした。

昨日、「ライフ・イズ・ビューティフル」以来久し振りにイタリア映画を観ました。「湖のほとりで」という映画です。

続きを読む

PageTop