FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる13年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

戦争の傷跡と向き合った1人の医師

昨日、長崎の平和祈念式典で麻生首相が「癒すことのできない傷跡を残すこととなられました」との挨拶で、「きずあと」を「しょうせき」と読んだと、またまた新聞に書かれていました。

この人は文章を言葉として読まず、字面を追っているだけなのかなと哀れささえ感じます。

戦争の傷跡というのはいろいろなところにあるのだろうと思いますが、昨晩、NHKの教育テレビで見たい音楽番組を見た後、始めは見るとはなしに見ていた番組にぐんぐん惹きつけられました。

まさに戦争の「傷跡」と向き合った1人の医師の記録でした。

続きを読む

PageTop