FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる13年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

第3号被保険者の落とし穴

昨日、行政窓口の誤った説明により年金をもらい損ねていた人の話を記事にしましたが、同じ小冊子の中に、別の筆者により偶然にも同じように窓口の説明を信じたために、障害基礎年金の受給資格がない(納付要件を満たしていないため)とされた人の例が掲載されていました。

その例は第3号被保険者の落とし穴的な話です。

メディアでいろいろ取り上げられてご存知の方も増えたと思いますが、第3号被保険者とは厚生年金や共済年金に加入している第2号被保険者に扶養されている20歳以上60歳未満の配偶者で、収入が概ね130万円未満の人です。イメージとしては専業主婦(夫)です。

昭和61年4月から20歳以上60歳未満の国内在住者(注1.)は国民年金の第1号被保険者(自営業などで会社等に雇われていない人)、第2号被保険者、第3号被保険者のどれかに属することになりました。

注1.国籍は関係ありません。第2号、3号は転勤などで海外に在住していても資格はなくなりません。

第1号被保険者は自分で定額の保険料を住所地の市(区)役所等に支払い、第2号被保険者は給料額に応じて会社と折半して給料天引きで保険料を支払います。

第3号被保険者は、配偶者の所属する厚生年金などから拠出金としてまとめて支払われるため、自分では保険料の負担はありません。

続きを読む

PageTop