FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる13年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

賃金をもらう権利を第三者に譲れるか?

試験監督を務めた関係で今年の社労士試験の問題をもらっていたので、昨日労働基準法の択一式をやってみました。

今年の労基法は比較的素直なわかりやすい問題だったのではないかと思います。

私の頃は一肢の問題文が10行ぐらいあるものもあったりして、読むだけで大変な問題もありましたから、そういう問題はなかったですね。

問7の寄宿舎の問題なんかは、ちょっと意外かなという気もしますが、予備校などではひととおりはやりますから、普通に勉強していればできるでしょうが、初めての受験で時間的余裕がなかったりすると、勉強していなくてちょっと焦るかなという感じでしょうか。

私がちょっと難しいかもしれないと思ったのは、問4の賃金の原則を問う問題でした。

賃金は通貨で直接労働者に全額を毎月1回以上一定期日に支払うということが労働基準法で規定されています。(過去記事参照)

この問4はこれらの労働基準法で決められた原則が、民法よりも優先されるということをよく理解していないと難しかっただろうと思います。

続きを読む

PageTop