FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる13年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

「若者に希望を」と思っても・・・

今朝の朝日新聞に『「ヤンキー系」が介護を救う』という老人保健施設の運営に関わっている方の投稿がありました。

投稿者が95年に施設運営に携わるようになったときには、「介護福祉士」という国家資格への期待などから若者、特に女性が介護職に殺到したそうですが、やがて、「重労働」、「低賃金」、「将来性なし」とのイメージが広がり、一気に人手不足になってしまいます。

それを救ったのが「ヤンキー系」」男女だというのですね。

ヤンキー系とは①階層的・文化資本的に低め、②早熟・早婚で旧来型の男女役割観を持つ、③地元(でまったり)志向(以上難波功士氏「ヤンキー進化論」による)

という特徴があるそうで、投稿者の施設の職員の半数が当てはまるそうです。

投稿者の分析によると、学校や社会で居場所の見つけにくかった「ヤンキー系」が自分を必要とする人たちを介護現場で見つけたということです。

続きを読む

PageTop