FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる14年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

労働基準法再読(14)賃金とは?

昨日、賃金についてちょっと書きましたが、久し振りに「労働基準法再読」で賃金については労基法でどのように定義されているかを見てみたいと思います。

労働基準法では賃金を名称に関係なく「労働の対償」として使用者が労働者に支払うすべてのものと規定しています。(第11条)

〔労働基準法第11条〕この法律で賃金とは、賃金、給料、手当、賞与その他名称の如何を問わず、労働の対償として使用者が労働者に支払うすべてのものをいう。

賃金は労働者にとっては最も重要な労働条件と言ってもいいものですから、労働契約を結ぶ時には書面でその「決定、計算、支払の方法、締め切り、支払の時期」を明示することも義務付けられています。(労基法第15条)

続きを読む

PageTop