FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる14年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

労基法をもっと知ってもらいたい。

飲食店の「名ばかり管理職」については厚生労働省から基準が発表されていて、過去記事にしたことがあります。(過去記事参照)

先週、大手居酒屋チェーン店を展開する会社が「名ばかり管理職」問題解消のために、店長らに残業代を支払うように賃金制度を11月から改めると発表しました。

店長や調理長などの5つの役職から労働基準法上、労働時間等の規制を適用しなくてもよい「管理監督者」の肩書きを外し、役職手当に代えて労働時間に応じた残業代を支払うというものです。

この会社は変更に先立ち、店長等2,000人について役職手当と2007年9月から今年8月までの2年間に受け取るべきだった残業代とを比較して、残業代が上回った約1,200人に対して差額を支給することにしているそうです。

その額は約5億5,000万円とのことです。

続きを読む

PageTop