FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる13年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

たかが名刺されど名刺

昨日から、社会保険庁では窓口に相談に来た人に対して相談を受ける職員が名刺を渡すことになったそうです。

窓口の職員は、臨時という処遇も含めて身分は皆公務員となっているはずですから、そこに来る国民はいわば雇い主であり、お客様でもあります。

そのような人に対して自分の名前も明らかにせずに応対するというのは、やはりおかしかったのですよね。

名札ぐらいはつけているんじゃないのかなと思いますが、昨年、私が知り合いに頼まれてねんきん特別便のことである社会保険事務所に行った時も、応対した人は名札をつけていませんでした。

長妻厚労相は「民間では当たり前のことがなされていなかった」と語っているそうです。

続きを読む

PageTop