FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる13年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

裁判官によって随分違う荷重労働の認定

以前過去記事にした「喫煙時間は労働時間か休憩時間か」(過去記事参照)に関連する裁判例について、詳細が労働判例を扱っている雑誌の最新号に掲載されていて、昨日社労士会に行ってその雑誌をコピーせさてもらいました。(年契約でいささか値が張る雑誌なので、いつも購入を悩んでいます)

「国・北大阪労基署長(マルシェ)事件 大阪高裁判平21.8.25」という裁判ですが、それは特に喫煙時間について争っているわけではなく、居酒屋チェーン店を営む会社に店長として勤めていた元店長(発症当時35歳)が、店内で急性心筋梗塞を起して3週間ほど入院した後に、職場復帰したものの2年半後、再び体調不良となり、退職勧奨の末退職した後労災申請したものですが、認められず裁判までいったものです。

一審では業務との因果関係が否定され、労災と認められませんでしたが、二審の高裁では原告側の主張が認めら逆転勝訴となったものです。

続きを読む

PageTop