FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる14年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

労働基準法再読(16)時間外労働に関する労使協定

久し振りに労働基準法再読を書きたいと思います。

事業主さんや労働者の方とお話していて感じることは、労働基準法についての知識をあまりお持ちでないということです。

民法や刑法などは何か事が起きない限り、極端な話、一生知らなくても済んでしまう法律ではないかと思うのですが、労働基準法は日々仕事をする中で必要な法律だと思います。その割には知られていません。

労働基準法では、法定の労働時間を1日8時間、1週40時間として定めています(32条)。毎週1日、又は、4週間に4日は休むということも定めています。(35条)(10人未満の一定の事業内容の事業所には1週44時間という特例があります)

でも、多くの会社ではそれ以上に残業するというのが普通だと思います。

それを可能にしているのが労働基準法36条による労使協定です。逆に言えば、この協定を結び最寄の労働基準監督署長宛に届け出ていない限り法定労働時間を超えて残業することはできないことになります。また、法定の休日に働くこともできません。

〔注1.〕労働基準法第36条  使用者は、当該事業場に、労働者の過半数で組織する労働組合がある場合においてはその労働組合、労働者の過半数で組織する労働組合がない場合においては労働者の過半数を代表する者との書面による協定をし、これを行政官庁に届け出た場合においては、第32条から第32条の5若しくは第40条の労働時間又は前条の休日に関する規定にかかわらず、その協定で定めるところによって労働時間を延長し、又は休日に労働させることができる。以下略

続きを読む

PageTop