FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる13年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

現代のタコ部屋

「タコ部屋」という表現をした時に内容を理解できる人というのは、どのくらいいるのかなと思いますが、今朝の朝日新聞の読者投稿欄にタコ部屋という表現の記事がありました。

個人加盟制の地域労組の委員長をしているという方からの投稿で、年齢を見ると26歳とあるので、若い方もこういう表現をご存知なんだなと思いました。

タコ部屋というのは、労働基準法などなかった時代に、主に炭鉱や建設現場などに労働者を連れてきて、半ば監禁状態で安い賃金でこき使うような場所を言いました。逃げようとしても恐いお兄さんたちがいて暴力を振るわれるため、言いなりになるしかないという状況に追い込まれてしまうのです。

「現代のタコ部屋」というのは、その地域労組に相談に来たある派遣社員の方の話でした。

続きを読む

PageTop