FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる14年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

人事考課が不当だと感じた時

私が今まで就業規則の作成や見直しを経験した企業は中小企業ばかりで、中でも人数の多いある会社だけは賃金制度について細かい等級表がありましたが、他は大まかな表だったり、そういうものはなく個別に基本給を定めることになっていたりしました。

賃金の決定の仕方は就業規則に必ず記載しなければならない事項ですから、そういう場合には、「基本給は年齢、経験、能力、適性等を考慮して各人ごとに定める」としておけば、法律上は問題がありません。

事業主の裁量部分が大きいというイメージです。

この裁量の範囲はどの程度認められるのでしょうか。もし明らかに不当な評価がされた場合に、それは違法とすることができるのでしょうか。

続きを読む

PageTop