FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる13年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

社労士というのは事業主寄り?

特定社会保険労務士制度ができるときに、オールマイティで代理権を持つ弁護士業界から強烈な反対があったようです。

理由の一つとして挙げられていたのが、事業主と顧問契約を結んで顧問料が主な収入源である社労士は、どうしても立場が事業主寄りになり公正中立に労使紛争をさばくことはできないというものです。

弁護士の場合は明確に経営者側、労働者側と分かれて活動しているため、社労士も結局お金をもらっている側についているんでしょという考え方なのだと思います。

しかし、社会保険労務士法の第1条には、社労士制度は事業の健全な発達と労働者等の福祉の向上に資することを目的とすると書いてあり、お金をもらっているのは事業主からだとしても、多くの社労士は、事業主の遵法意識を促し、結果、職場の労働条件の改善に寄与しているものと思います。

続きを読む

PageTop