FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる13年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

電子書籍時代の到来雑感

私は東京で生まれて育ちましたが、私の通った区立小学校、中学校、都立高校はいずれも図書室がとても充実していました。

専属の司書の先生が常勤していらして、年度初めには図書室の使い方などの授業がありました。

私は、様々なジャンルの本を沢山借りてほぼ濫読に近い形で少女時代を過ごしました。今思うとそれらが私の人間としての根っこを作る役割を果たしたことは間違いないと思います。

先頃、ipadが発売されて、いよいよ電子書籍の時代が幕開けになったというニュースに、紙の本で育った私は、便利になったなあと思う反面、私が味わった

「人類の知識の蓄積のすごさ」感のようなものは、これから育つ子はわかるかなあなんて感じました。

続きを読む

PageTop