FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる13年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

唯一の被爆国としての厭戦

先週の6日は広島、そして今日9日は長崎の原爆記念日です。
この業界のある飲み会で、
「やっぱり軍隊を持たないと書いてある日本の憲法はすばらしいと思う」
と言ったら、ある社労士が、
「ああ、鈴木さんは護憲派なんだね」
ときっぱりと決めつけました。
私は自分で護憲派なんて思ったことはないですよ。
「歌は世につれ」と言うけれど、法律だって社会の成り立ち、人々の暮らし方や意識が変わればそれにつれて変わるべきだし、憲法だって例外ではないと思います。
でも、メディアの報道、映画、書籍、その他様々な資料や見たり聞いたりしたことを総合的に考えると、私は戦争は絶対イヤという厭戦の思いしか出てきません。
戦争を生で体験された人たちはもっと厭戦の気持ちは強いだろうし、「永久平和主義」は「国民主権」、「基本的人権の尊重」とともに現行憲法の根幹を成す考え方です。
そういう意味では9条については多くの国民のコンセンサスをしっかり得ることができない限り、変えるべきではないと思います。

続きを読む

PageTop