FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる13年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

ノーマライゼーションは遠いと思うこと

先週、所属する社労士会の自主研究会の定例会がありましたが、そこで障害のあるお子さんなどに対するデイサービスを行っているNPO法人で、休憩時間がとれないという原稿を提出した会員がいました。
実は、昨年から今年にかけて私も全く同じようなNPO法人の就業規則を作ったことがあったので、このようなNPO法人が結構あるんだなとちょっとびっくりしました。
このような法人の場合、たいていはパートタイマー、アルバイトが多く普段は労働時間を6時間以内に設定しているので、休憩はとれなくても違法とはなりませんが(注1)、夏休み、冬休みなど学校が休みの場合に、労働時間が増えるため当然休憩時間が必要なのですが、人員に余裕がないため、休憩時間がとれないという悩みで、私が就業規則作成にあたり受けた相談と全く同じ内容が原稿として提出されたので、へぇーと思ったのでした。

[注1.]労働基準法第34条の規定により、労働時間が6時間を超えたら少なくとも45分、8時間を超える場合には少なくとも1時間の休憩を労働時間の途中に与えなければなりません。逆に言えば、労働時間が6時間を超えなければ休憩を与えなくても違法ではないということになります。

続きを読む

PageTop