FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる13年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

学生時代の国民年金

ああ、日本は温帯なんかじゃない。亜熱帯に間違いないというような猛暑が昨日からまた襲ってきてますね。
今日も朝から外はサウナ状態です。
私の場合、ひたすらひきこもっています。ちょうどお客様から出された「宿題」の勉強もあるし、先週見積書を出したお客様について、もしご依頼いただいたらちょっと厄介な案件なのでその方面の勉強もあるし。
かと言って暑さのせいか事務所へ来てすぐに仕事にとりかかる気力もなく、朝から新聞をじっくり読んでいると、投書欄に40代後半の人から次のような内容の投書がありました。
「20歳になった大学生の娘に国民年金納付の通知が届いた。娘は無収入、親にとって毎月15100円(今年度の額)の出費は痛い。猶予(と表現されているが正確には免除)措置をとっても、本人がその間の分を後納するのは就職状況もわからず、できないかもしれない。知人にはその分貯金している人もいる。制度の先行きも不安だし、所在不明の高齢者に年金が支払われていたなど管理もずさん。これでは義務だからと割りきる思いにもなれず、迷っている」
という内容です。

続きを読む

PageTop