FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる13年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

パワハラの判断は難しい。

現在見直し中のある会社の就業規則にパワーハラスメントの規定を追加することをご提案しましたが、社長がちょっぴり難色を示されました。
社長は大学時代体育会系で、社員の指導についても時には強く叱責をしたりするようなことを容認していきたいと思っているので、そういう規定を作ることにより上司が部下を適切に指導することが困難になるのではないかと懸念されたようです。
私のご提案した内容ですと、何がパワハラにあたるかということもかなり具体的に書いてあります。パワハラの内容や必要性については過去記事に書きましたので(
参照)、そちらをご覧いただきたいと思いますが、その中に
「皆の前で怒鳴る、机や壁をたたいて脅す」
というような項目がありますが、社員を指導する上でそのぐらいの「荒事」も時と場合によっては必要だと、前述の社長は考えていらっしゃるのですね。
就業規則上の規定がブレーキになるのは困るというわけです。

続きを読む

PageTop