FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる13年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

パワハラの判断は難しい(2)。

先週、パワハラの判断は難しいという原稿を書きましたが、関連する判例をちょっとご紹介したいと思います。
一審と二審で全く判断が逆になった例です。(前田道路事件一審松山地裁判平20.7.1二審高松高裁判平21.4.23)
[事件の概要] A男さんは昭和36年生まれで昭和61年4月に土木建築業のM社に入社し、平成15年4月に四国のある営業所の所長に赴任します。
当時の給与収入は年収1009万円余りでした。
M社では各営業所は独立採算制で年間の事業計画を独自にたて、自分たちでいわばノルマとなる目標数値を設定していました。
A男さんは赴任して1か月後から受注高、出来高、原価等といった営業成績に関するデータの集計結果を報告する際に、実際とは違う数値を報告するよう事務担当者に指示を出します。
実際には受注していない工事を受注したかのごとくに見せる「架空受注」、未施行分を施行したかのごとくに計上する「架空出来高」、下請業者に対して請求書を止めてもらう「原価未計上」、ある工事の原価を別の工事に付け替える「原価移動」などで、これは不正経理にあたります。
同年6月、四国支店工務部長に就任したXさんは数字のバランスの異常に気づき、A男さんに是正を指示しましたが、詳細の調査は困難であり、それほどの額ではないだろうと思ったこと、またA男さんの将来性などを考慮して本人に任せ、平成16年初めごろA男さんから是正した旨報告を受けますが、実際には是正されていませんでした。

続きを読む

PageTop