FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる13年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

育児・介護休業法の私法上の効力

先月、労使トラブルの研修に行ったことは過去記事に書きました。(参照)
そこでは、いろいろなトラブル事例を学び、私としてはとても参考になった有意義な研修だったのですが、ブログでちょっと書きたいと思いそのままになっていたことがあるので、忘れないうちに今日書いておこうと思います。
昨年育児・介護休業法が改正され、今年の6月30日から施行となっています。(労働者100人以下の事業所は2年間の施行猶予の措置あり)
その中で、3歳未満の子を育てる労働者に対して育児のための短時間勤務制度の義務化というのがあります。
労働者が請求した場合には、
①1日の所定労働時間が6時間以下
②日々雇用される者
③その期間育児休業をしている
④労使協定で除外されている(勤続1年未満、所定労働日数が週2日以下、業務の実態により短時間勤務が困難)
以上の労働者を除き、請求があれば1日の所定労働時間を原則1日6時間とすることを認める措置です。

続きを読む

PageTop