FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる13年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

パワハラと就業規則

今年の8月にパワハラについて3回に渡り記事にしました。(過去記事①) 、(過去記事②) 、(過去記事③)
この記事を書くきっかけとなった最初の記事に登場する社長については、私の考え方をご説明して納得していただき、その他の規程の見直しも含めて、今月ようやく届出をして今週納品をすることができました。
社長には「先生の仕事ぶりには大変満足しています」というお言葉をいただくことができて、めでたしめでたしということになりました。
その席でも18日に労災不支給を取り消す判決の出た裁判(注1.)のことが話題になり、パワハラについて関心を持っていただくことができるようになったんだなと、私としてはうれしかったです。
そんな経験もあり、所属する研究会にパワハラ規定を就業規則に作った方がよいとする原稿を提出しました。
しかし、その後、購読している雑誌にパワハラについて就業規則に規定を作ることに対する、どちらかというと否定的な考え方を書いている弁護士さんがいらっしゃるのを見つけました。

[注1.]1999年に自殺した男性の遺族が起こした訴訟。男性は上司に強い叱責を受け続けたことによりうつ病となり自殺したもので、労災申請をしましたが認められず裁判となったものです。他の人が見ている前で公然と叱責された、「死ね」などの感情的暴言があった、改善を訴えても改善されなかった、などで裁判では労災と認定されました。

続きを読む

PageTop