FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる13年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

顔の傷には男女差なし労災保険法施行規則の見直し

「男は顔じゃない」というのは昔の話になったらしく、今や男性用化粧品もいろいろあるし、男性用の体形を補正するような下着もあるし、男たるもの外形にも気を使うべしというのが、当たり前になりつつあるようです。
そんな中で顔に傷が残った場合の労働者災害補償保険法による補償内容が、60年ぶりに見直されることになったと報道されています。
現行では女性の等級が7級で男性が12級と、男性の方がダメージが少ないと判定されています。
発端となったのは、今年5月にあった京都地裁での判決です。
業務上の事故で顔などに大やけどを負った男性が、後遺障害が残った場合の等級に男女で差があることについて「男性も顔に障害を受けたら精神的苦痛を感じる。性別による差別に合理的理由はない」と訴えたことについて、京都地裁は男性の言い分を認め、労災認定の処分を取り消し、男女で差をつけることは憲法違反(14条で法の下の平等を規定)だとしたものです。
国は「時代の流れ」として控訴を断念した後、改正について検討をしてきて、今年度中にも60年ぶりに見直しがされる模様とのことです。

続きを読む

PageTop