FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる13年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

「生理休暇」についての権利の濫用

昨日、長すぎる「懲戒休職」は無効とした判例(岩手県交通バスガイド懲戒休職事件 盛岡地裁判平8.4.17)をご紹介しました。
その判例をちょっと見てみますと、興味深い内容が含まれているので、今日、あらためて書いてみたいと思います。
この「懲戒休職」処分を受けたのは貸切バスのバスガイドをしている勤続20年のA子さんで、懲戒権の濫用であるとして会社を訴えた裁判です。
A子さんは、民謡が趣味らしく民謡大会に出場するために、会社の出勤要請を拒否してバス業務の繁忙期である10月、11月に代休や有給休暇、生理休暇などを取得することが度重なり、処分となったものです。
会社側の言い分としては、車掌服務規程に繁忙期にはみだりに欠勤してはならない旨の規定があり、A子さんもこれを承知の上でバスガイドとして雇用契約を結んだはずだ。
A子さんが会社の都合も考慮せず身勝手に休暇を取得して、会社の業務計画、運営業務に支障を生じさせた。
就業規則には、このような場合は1箇月以上6箇月以内で懲戒休職をさせるとしていて、会社の懲戒権濫用ではない。
というものです。

続きを読む

PageTop