FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる13年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

年金制度切り替え漏れ救済雑感

年末に社労士としては注目すべきニュースがありました。
現在の年金制度では国民年金の第3号被保険者という人がいます。
会社員や公務員などの被扶養配偶者で年収が原則130万円未満(障害者の場合180万円未満)で、20歳以上60歳未満の人というのが主たる条件です。
イメージとしては、専業主婦(夫)と呼ばれる人たちですが、この人たちは自分で保険料を支払う必要はなく、夫(妻)が加入している厚生年金等が保険料を支払います。
もし、夫(妻)が40年勤め続ければ、65歳から満額の国民年金(現在額792,100円)を受け取ることができます。
しかし、サラリーマン等だった夫(妻)が退職した場合は、国民年金の制度でいうと第2号被保険者から第1号被保険者に切り替わりますから、妻(夫)はもはや第3号被保険者とはなれないで、妻(夫)も第1号被保険者として自分で保険料(現在月額15,100円)を支払うことになります。

続きを読む

PageTop